本文へスキップ

宅建の資格試験、合格までの学習法!

宅建の資格試験勉強法

宅建の資格、資格試験突破に向けた学習法

宅建まるごとガイド、宅建の資格・資格試験突破のための効率的な学習法


   

宅建 マーク  宅建の仕事


■ 重要事項の説明・重要事項説明書面(35条書面)に記名・押印

宅地・建物の取引は高額の取引です。

ですから、買主や借主には、その物件がどのような設備を備えているのかなど、取引するか否かを決断するための情報が必要になります。

そこで、宅建業法上、宅建業者は、買主または借主に対して一定の重要事項を宅建主任者に説明させることにしているのです。

重要事項の説明をするには、まず、重要事項を記した書面を作成しなければなりません。

この書面を重要事項説明書面といいます。

この書面を買主等に渡し、書面を見せながら重要事項を説明するのです。

そして、この書面を交付して行う重要事項の説明は、取引をするか否かを決断するための材料を与えることに目的があります。

ですから、重要事項の説明は、『契約が成立するまでの間に』行わなければなりません。

そして、宅建主任者はこの書面に記名・押印しなければなりません。


■ 37条書面(契約書)に記名・押印

「いくらで契約したか(売買代金)」や「物件がいつ引き渡されるのか(物件の引渡時期)」などは、契約を結んだ人にとって、重要な契約内容です。

このような重要な契約内容については、それを書面にして明確にしておかないと、契約後に「言った」「言わない」のトラブルになるおそれがあります。


そこで、トラブルを防止するため、宅建業者は、売買代金など一定の重要な契約内容を記した書面を契約の相手方などに交付しなければならないことになっています。

この書面が37条書面です。(代金や引渡時期が記載された契約書だと考えてください。)

そして、この37条書面は、成立した契約内容を書面にすることでトラブルを防止することを目的にしているので、重要事項説明書面とは異なり、『契約が成立したとき』に『遅滞なく』交付すればよいのです。

宅建主任者はこの書面に記名・押印しなければなりません。




宅建 しるし 確実に合格したいなら、通信講座がおすすめ!!
  

■ ユーキャンの宅建取引主任者講座
■ 全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!   




宅建 試験内容

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒