本文へスキップ

宅建の資格試験、合格までの学習法!

宅建の資格試験勉強法

宅建の資格、資格試験突破に向けた学習法

宅建まるごとガイド、宅建の資格・資格試験突破のための効率的な学習法


   

宅建 マーク  宅地建物取引業者

宅地建物取引主任者の設置義務を負っているのは宅地建物取引業者です。

宅地建物取引主任者が最も必要とされ、活躍しているフィールドであるからこそ設置義務があるともいえます。

宅地建物取引業者の業務は次の3つとなります。



1. 不動産の売買・交換を自分で行うこと
自分の所有する土地に分譲する不動産会社や、大規模なマンションを建設し、直接お客さんに販売するマンション業者などがあてはまります。


2. 不動産の売買・交換を代理・媒介すること
マンションなどの不動産の所有者からその売却を依頼された不動産会社があてはまります。

売主は、不動産会社を通してお客さんを探してもらい、契約を交わすことになるのです。

一般的に「仲介」と呼ばれています。


3. 不動産の賃貸借を代理・媒介すること
アパートやマンションを管理するいわゆる「大家さん」から、空部屋の借り手を探すよう依頼された不動産会社があてはまります。

不動産会社は、そうして集められた物件情報の中から、お客さんに見合った物件を紹介していき、貸し手側の「大家さん」と借り手側の「お客さん」との「仲介」をします。




宅建 しるし 確実に合格したいなら、通信講座がおすすめ!!
  

■ ユーキャンの宅建取引主任者講座
■ 全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!   




宅建 試験内容

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒