本文へスキップ

宅建の資格試験、合格までの学習法!

宅建の資格試験勉強法

宅建の資格、資格試験突破に向けた学習法

宅建まるごとガイド、宅建の資格・資格試験突破のための効率的な学習法


   

宅建 マーク  宅地建物取引主任者の設置義務と独占業務

宅地建物取引主任者は、「宅地建物取引業者(宅建業者)1つの事務所ごとの従業員5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引主任者を設置しなければならない」という法律のもと、その業務を遂行しています。

不動産取引の重要な役割を担うのですから、どの事務所にも一定数の宅地建物取引主任者がいなければならない、というわけです。

その宅地建物取引主任者の重要な役割で3つの独占業務があります。

不動産取引において宅地建物取引主任者は重要な役割を担っています。


【契約前に行うこと】
1. 物件に関する重要事項の説明
不動産の取引では高額な金銭やさまざまな権利が動きます。

そこで、宅地建物取引主任者はトラブルを回避するために、アパートを借りたり、マイホームを購入する際の契約前に、必ずその物件に関する重要な情報を買主(借主)である私たちに説明しなければなりません。重要事項とは、たとえば、物件の所在地や売主(貸主)、土地・建物の用途やその制限、電気・ガス・水道の整備状況等を指します。


2. 重要事項説明書への記名・押印
重要事項の説明にあわせて、重要事項の内容が記載された「重要事項説明書」に記名・押印をし、交付します。


【契約後遅滞無く行うこと】
3. 契約書への記名・押印
重要事項の説明で、その内容に納得すれば、いよいよ契約です。

宅地建物取引主任者は、契約書の内容に間違えがないかどうか確認をして、記名・押印をします。




宅建 しるし 確実に合格したいなら、通信講座がおすすめ!!
  

■ ユーキャンの宅建取引主任者講座
■ 全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!   




宅建 試験内容

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒