本文へスキップ

宅建の資格試験、合格までの学習法!

宅建の資格試験勉強法

宅建の資格、資格試験突破に向けた学習法

宅建まるごとガイド、宅建の資格・資格試験突破のための効率的な学習法


   

宅建 マーク  宅建の魅力

宅地建物取引主任者(宅建)試験は、毎年約20万人が受験する人気の国家資格です。

その人気の秘密は、社会的ニーズの高さ・活用範囲の広さにあります。

とりわけ不動産の取引、いわゆる不動産売買・仲介の際には、宅建主任者が「重要事項説明書の交付とその説明」「契約書への記名・押印」という2つの独占業務を行い、しかも不動産取引を行う業者(宅建業者)の事務所ごと従業員5人に1人の割合で専任の宅建主任者を置かなければならないと法律で定められていることから、その重要性は明らかです。
 

また、不動産取引に限らずその関連業務の中でも宅建の知識が求められるため、「不動産の必須資格」ともいわれています。

建設業界はもちろんのこと、不動産を担保として顧客に融資を行う銀行などの金融機関にとってもこの資格は不可欠です。

そのほか、一般企業の不動産関連セクション、小売業などの店舗開発業務にも実務上その知識が必要とされ、合格一時金や資格手当を支給している企業もみられます。

一方で、プライベートでの一戸建てやマンション購入時の知識として、法律系の他資格へのステップアップの第一歩として、自己啓発としてなど幅広い活用範囲が期待できる資格です。



そういった中でも、宅建が資格として人気があるのには、次の4点が挙げられます。

1.受験にあたっての特別な資格や実務経験が不要で、誰でも受験できること。

2.講習などの教育を受ける義務もないので、好きな時間に好きな方法で勉強できること。

3.社会的なニーズは高いうえに、就職や転職に際しても有利であること。

4.一定の手続きを経て業者免許を取得すれば、独立開業も可能であり、不動産スペシャリストとして確実な道が開けること。




宅建 しるし 確実に合格したいなら、通信講座がおすすめ!!
  

■ ユーキャンの宅建取引主任者講座
■ 全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!   




宅建 試験内容

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒