本文へスキップ

宅建の資格試験、合格までの学習法!

宅建の資格試験勉強法

宅建の資格、資格試験突破に向けた学習法

宅建まるごとガイド、宅建の資格・資格試験突破のための効率的な学習法


   

宅建 マーク  独学で宅建合格を目指す

独学で宅建の試験合格を目指す人は、まず何から取り組むのがいいのでしょう。

いきなり宅建六法を買って読み始めるという人もいるかもわかりませんが、それでは大部分の人が受験前に挫折するのではないでしょうか。

宅建の試験は、その多くが法律に支配されているため、宅建六法は大変重要な参考書にはなりますし、実際、宅建六法さえ完全に理解できていれば、試験突破はたやすいことだといえます。

ただ、実際には、一部の人を除いて最適な学習法ではありません。

そこで、独学で勉強される方は、まず宅建の受験に必要な知識のすべてを網羅している参考書が必要です。
勉強をする上での基本となることから「基本書」と呼ばれていますが、「宅建業法」「民法」「法令上の制限」「その他の分野」の4冊です。

次に必要なのは、難解な部分をわかりやすく解説している参考書。特に試験対策がなされていてポイントを絞って解説しているものが必要です。

そして、最後に問題集です。問題集に繰り返し取り組むことは、実力アップのための最も効果的な勉強法です。

宅建の試験は、多少問題の出題スタイルが変わっていても、基本的な出題内容はほとんど変わっていませんので、少なくとも過去5年間に出題された過去問題は、完全に把握しておくことは受験対策の必須条件と思ってください。

法律を相手にする国家資格はすべて、

@基本書で勉強

A参考書で理解を深める

B問題集で仕上げる

これを1クールとして何度も何度も繰り返すことが合格への一番の近道になります。




宅建 しるし 確実に合格したいなら、通信講座がおすすめ!!
  

■ ユーキャンの宅建取引主任者講座
■ 全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!   




宅建 試験内容

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒